籾おろし

4月26日

昨日は、世羅町宇津戸でお米の籾おろしをやりました。


2012年4月25日籾おろし (1)

種籾は5種類です。
ヒノヒカリ、赤米、黒米、緑米
以上は自然農栽培のものを分けていただきました。
新千本は地元の農家の方から分けていただいたものです。


2012年4月25日籾おろし (5)

昨年、12月に準備しておいた苗床のわらをはがして
表面を少し削って振りまいてあった米糠と土をほぐして平らにしていきます。


2012年4月25日籾おろし (6)

表面を鎮圧していきます。

2012年4月25日籾おろし (11)

籾を播いていき籾の間隔を3センチ位にします。

2012年4月25日籾おろし (12)

篩にかけた土で覆土していきます。

2012年4月25日籾おろし (14)

表面を鎮圧してからかぶせてあった藁を短く切って
振りまいていきます。
後ろに見えているのはミナミノカオリです。
生育は今ひとつです。播く時期が遅かったようです。


2012年4月25日籾おろし(16)

わかりにくいですが鳥よけにネットを張りました。
横の溝はモグラよけに掘っておきます。
時間が足らず、溝が途中までしか掘れていません。
明後日に、もう一度行って残りの溝を掘って、
陸稲の直播をします。
思っていたよりも時間がかかり予定通りには出来ませんでした。
まあ、初めてですから仕方ないですよね。
待望の自然農のお米作りのスタートです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こういった手間をかけてお育てになっているのを拝見すると
やはり食べ残しなんて出来ないとつくづく思います。
(しませんが)
秋には美味しいお米が沢山収穫できるといいですね★

Re: つむぐさん

> こういった手間をかけてお育てになっているのを拝見すると
> やはり食べ残しなんて出来ないとつくづく思います。
> (しませんが)
> 秋には美味しいお米が沢山収穫できるといいですね★

手間はかかりますが楽しみながらやれれば
秋には美味しいお米が食べられると思います。
たくさんは無理かもしれませんが・・・。
プロフィール

いしくら自然農園

Author:いしくら自然農園
瀬戸内海の因島で無農薬、無肥料、不耕起の自然農を実践しています。自然農栽培の果実の販売やジャム、梅干しなどの加工品の製造販売もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR