赤目自然農塾6月定例会

6月9日、10日

赤目自然農塾に久しぶりに参加してきました。

2012年6月10日赤目塾 (1)
川口さんからの始まりのご挨拶です。

2012年6月10日赤目塾 (4)

今回は、裏作に作付してあった麦を刈り取り
そこに田植えをする学びでした。

大麦ですが播く時期が少し早くカラスノエンドウに倒されています。
収穫期も少し遅かったようです。
冬草に覆われているため夏草があまり出ていないので
穂刈りをして草や麦は刈り取らずに倒して田植えをします。
苗を植える部分だけ草を分けて穴をあけて植え付けていきます。
条間は40センチ(草刈りに人が入るため)
株間は30センチ(こちらは品種や田の様子などで25~35センチ)で行います。

2012年6月10日赤目塾 (6)

基本は1本植えにします。
しっかりと分けつしていくようにするためです。

畔塗りや畔豆(大豆)の蒔き方、水路への水の取り方などの学び。
その後、夏野菜の手入れの仕方と金ゴマの蒔き方などの学びが行われました。

2012年6月10日赤目塾 (9)

去年も参加していたので6月は2回目の学びですが
新たに感じることが多く自分自身も亡骸の層のように
積み重ねていくことが大事だと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【赤目自然農塾6月定例会】

6月9日、10日赤目自然農塾に久しぶりに参加してきました。川口さんからの始まりのご挨拶です。今回は、裏作に作付してあった麦を刈り取りそこに田植えをする学びでした。大麦ですが

コメントの投稿

非公開コメント

参加する人、結構多いですね!
私は、遠いので参加できませんが
このブログで勉強っをっと^^

Re: masunekkoさん

> 参加する人、結構多いですね!
> 私は、遠いので参加できませんが
> このブログで勉強っをっと^^

全国からたくさんの方が学びに参加されていますよ。
自然農にも関心を持ってほしいです。
”気楽に自然農”で検索してみてください。
プロフィール

いしくら自然農園

Author:いしくら自然農園
瀬戸内海の因島で無農薬、無肥料、不耕起の自然農を実践しています。自然農栽培の果実の販売やジャム、梅干しなどの加工品の製造販売もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR