スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世羅の小麦の収穫

6月24日

22日から世羅の田んぼの麦刈りを始めました。

先ずは苗床の様子

2013年22日 (2)

こちらは手前が新千本と黒米
奥の左がやまびこ空いているところが
殆ど発芽しなかったササニシキ
その奥が緑米です。
それなりに順調に生育しています。

2013年22日 (3)

こちらはヒノヒカリです。

2013年22日 (4)

ヒノヒカリは少し葉っぱが茶色くなっていました。
ネットを掛けっぱなしだったので暑さで蒸れたのか
それとも病気なのかはわかりません。
でも元気そうなので大丈夫でしょう。

22日の麦刈りには雅子さんと奈己ちゃんが
お手伝いに来てくれました。
4人で喋りながら作業すると楽しいものです。

2013年6月23日 (4)

この麦を刈らないと田植えが出来ません。

2013年6月23日 (3)

昨日は二人でボチボチと進めていきました。
う~ん あと何日かかるかな・・・

今年は麦の生育が良くなくこの間の大雨で実が随分落ちてしまいました。
まあ仕方ないですよね

麦には雨は困るけど他の野菜たちには嬉しい雨でしたから。
お米にも嬉しい雨でしたよね。

2013年6月23日 (1)

この地で2回目の小麦の栽培ですが
かなり草に負けて生育が良くなかったので
今季はばら蒔きから条蒔きに変えて草の管理をして栽培してみようと考えています。

そんなことより早く刈り終わらないと
田植えが始められませんよ~!

奈己ちゃんが本では知っていたけど
米と麦の二毛作をしているのを初めて見れて良かったと
言ってくれたことが希望です。
確かにまわりでも自然農でお米作りされていても
麦と二毛作されている方はあまり見かけません。

田植えの時期が遅れてしまうことや
収穫した麦の調整やどう使うかなど悩むことが増えますしね。

自分たちは麦と米の作付が自然農の姿だと考えているので
上手にできるように学んでいくつもりです。

さてさて天気とにらめっこしながら
麦の収穫を急がなければなりません。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いしくら自然農園

Author:いしくら自然農園
瀬戸内海の因島で無農薬、無肥料、不耕起の自然農を実践しています。自然農栽培の果実の販売やジャム、梅干しなどの加工品の製造販売もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。