菅谷たたら山内高殿

12月3日

さむい~!
寒いですね。

11月30日に菅谷たたら山内の高殿を見学して
小だたら操業体験をしてきました。

菅谷たたらは、たたら製鉄にかんれんする施設とそこで
製鉄に従事する人々が生活していた住居とで構成される
集落(山内)が全国で唯一現存するものとして1967年11月に
国の重要有形民俗文化財に指定されています。

2014年11月30日 (7)

今回修復された高殿です。
この高殿は”もののけ姫”の中のたたら場の
モデルになっているそうです。

2014年11月30日 (21)

小だたらです。
これを使って鉄を作ります。
たたらとは砂鉄と木炭を使った日本古来の製鉄法です。

2014年11月30日 (5)

木炭を入れて砂鉄を入れて3時間くらいでノロが出てきます。
赤く流れ出ているのがノロです。
砂鉄の不純物だそうです。

2014年11月30日 (26)

最下部に沈殿した鉄(鉧)を取り出すために
炉を崩していきます。

2014年11月30日 (33)

取りだされた鉧(鉄)です。
真っ赤に燃えています。

2014年11月30日 (34)

今回は2kgの鉧ができました。
時間は炉づくりからだと7,8時間かかったようです。
木炭と土と砂鉄から鉄が出来る工程を学びました。
鉄の貴重さが良くわかりました。
木炭がかなり必要です。
時間もかかります。
でも材料さえ調達できれば自分でも作れそうです。

2014年11月30日 (39)

小だたら操業体験終了後
出雲のしまね自然の学校の”焚き火小屋”の
岡野さんを訪問して宿泊させていただきました。

2014年12月1日 (1)

外観も美しいです。
石積みも自分で石を集めて一個一個積まれたそうです。

2014年12月1日 (18)

手づくりの竈です。
ラインが美しいです。

2014年12月1日 (3)

2014年12月1日 (5)

すべて手作りです。
デザインというか空間すべてが美しいです。

2014年12月1日 (6)

いろりです。
火が入っているところを撮ればよかったですが・・・。

2014年12月1日 (7)

岡野さんから鉄の溶接についてお話を伺いました。

2014年12月1日 (10)

実際に溶接機を使わせていただきました。
全然だめでしたが(当たり前)体験できたことに意味があります。
何でもやってみないとダメですから・・・。

2014年12月1日 (15)

岡野さんが作られた鉄鍋を使って昼食づくり・・・。

2014年12月1日 (17)

夕食を共にしていただき沢山の興味深いお話を伺い
今回知りたかった溶接についても学ばさせていただき
本当にありがとうございました!

帰りに奥出雲牧場の成瀬さんを訪ねました。
究極の酪農というか本来あるべき姿の牛飼いをされています。
一言でサラッと言えるほど簡単なことではないのですが
それをまさしく実践されています。

2014年12月1日 (19)

お忙しい中、時間を取っていただき
大切なことをお聞きすることが出来てよかったです。

貴重な牛乳を飲ませていただきました。
何とも言えず美味しい・・・すごいなと思いました。

そのほか、奥様が手づくりされているパンやクッキー
ジャムなどもご馳走になり本当にありがとうございました。

時間とお天気の関係で牧場の方をゆっくりは見学できなかったので
次回は可愛い牛さんたちをゆっくり見に行きたいです。

二日間の旅でしたが
たたら製鉄
焚き火小屋
奥出雲牧場
とっても充実した濃い時間を過ごすことが出来ました。
この時間を共有させてくれた友人に感謝します。

ありがとう!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

たたら製鉄に焚き火小屋。いいなー。
私も行ってみたい。

Re: タイトルなし

> たたら製鉄に焚き火小屋。いいなー。
> 私も行ってみたい。

小林さん
お久しぶりです!
本当に内容の濃い二日間でしたよ。
機会があればぜひ行ってみてください。
その時はこちらにもお立ち寄りくださいね。
プロフィール

いしくら自然農園

Author:いしくら自然農園
瀬戸内海の因島で無農薬、無肥料、不耕起の自然農を実践しています。自然農栽培の果実の販売やジャム、梅干しなどの加工品の製造販売もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR